ライフ21シリーズ 第一作 「まったく初めてのキリスト教」
   (中澤信幸著 恵友書房発行 定価630円 B6版104頁)

 


  キリスト教関係の資料は、とにかく膨大な量があります。聖書だけでも、すでに2000ページですから、気が遠くなります。
 とはいえ、本当に知っておくべき事柄というのは、そんなに多くありません。ゴチャゴチャと多くのことを知っていても、「わかった」という実感がありません。要は、すっきりまとまった知識、ツボを押さえた理解が求められるわけです。
 この本は、100ページでキリスト教の基本を理解しよう、という本です。読み終えれば、キリスト教について、ある程度「わかった」と思っていただけるように努めました。


ライフ21シリーズ 第二作 「まったく0(ゼロ)からの信仰生活」
   (中澤信幸著 恵友書房発行 定価630円 B6版104頁)

 


 たった一度の人生だから後悔しないように生きたい、というのは、多くの人の共通の願いです。クリスチャンも同じでしょう。誰も、後悔するような信仰生活を歩みたくはありません。だからこそ、「いったいクリスチャンはどうやって生きていくの?」という基本を、しっかり理解する必要があります。
 この本は、100ページで信仰生活の基本姿勢を理解しよう、という本です。とてもシンプルに、ごく当たりまえのことを書いたつもりです。読み終えたとき、「クリスチャンとして生きるって、いいもんだなぁ」と思っていただけるように努めました。


ライフ21シリーズ 第三作 「まったく当り前のキリスト教」
   (中澤信幸著 恵友書房発行 定価630円 B6版112頁)

 


  キリスト教関係の資料は、とにかく膨大な量があります。聖書だけでも、すでに2000ページですから、気が遠くなります。
 とはいえ、本当に知っておくべき事柄というのは、そんなに多くありません。ゴチャゴチャと多くのことを知っていても、「わかった」という実感がありません。要は、すっきりまとまった知識、ツボを押さえた理解が求められるわけです。
 この本は、100ページでキリスト教の基本を理解しよう、という本です。読み終えれば、キリスト教について、ある程度「わかった」と思っていただけるように努めました。