まったく当り前の教会生活 > こんな方にぜひオススメです。

 
 
100ページで教会生活の基本を理解しよう、という本です
   問. 同じクリスチャンになるのなら、あなたはどちらの信仰生活を選びますか?

  1. 中途半端な信仰生活で悶々とする

  2. 思いっきり信仰生活を楽しむ

 この本は2の答えを選んだ人に、より充実した信仰生活を歩んでもらおうと、100ページで教会生活の基本を解説した本です。ごく当り前のことを紹介し、「やっぱり教会っていいもんだ」と思っていただけるようにしました。
   
まったく当り前、それでも新鮮
   この本は、次のような方々のために書かれました。
  •  イエス・キリストを信じたばかりの方
  •  「まったく初めてのキリスト教」を読んだ方
  •  「まったく0からの信仰生活」を読んだ方
  •  クリスチャンになりたい方
  •  キリストはいいけど教会はいやな方
  •  生涯の友人を見つけたい方
  •  教会に失望してしまった方
  •  普通の教会について知りたい方
  •  充実した教会生活を送りたい方

 イエス・キリストが自分の救い主だと信じ、さぁこれから新しい人生のはじまりだ、と喜んでいる方に、ぜひ読んでいただきたい本です。
 クリスチャンになると窮屈な教会生活が...と思っている方も、ぜひお読みください。
   
初めての方だけではもったいない
    もちろん、すでに信仰生活を歩んでいるクリスチャンの方々にも読んでいただきたい、と願っています。
 教会をこよなく愛して歩んでいる牧会者の方、あらためて気分を一新して教会生活を歩んでみようと思われている方、あちらこちらの教会巡りを続けてしまっている方、きっと新鮮な思いで今後の教会生活を歩んでいくきっかけをつかめるはずです。教会生活が信仰生活にもたらす祝福の大きさを、存分に味わっていただけるものと確信しています。
 また、救われた方々に教会生活のすばらしさを伝えたいけれど、何からどうやって伝えたらいいのかわからない、そんなクリスチャンや牧会者の悩みにも答えるように努めました。
   
個人でも、グループの学びでも
 

 個人で読むことはもちろん、グループの学びでも使っていただけるように配慮してあります。有効に用いていただければうれしく思います。
 第1章では教会の本質、第2章以降の各章では、教会が信仰生活にもたらすよきものとして礼拝、教育、交わり、宣教について取り上げます。
 各章では、個人で読むことはもちろん、特にグループでの学びに使っていただけるように配慮しました。

ポイント解説  基本的なポイントを、できるだけ簡潔にまとめて解説しています。
私の体験から  信仰者の生の声をお届けします。
グループでの学びのために  受洗後クラスでの使用を念頭において、具体的な事柄にふれました。

なお、受洗準備クラスのテキストを特別付録として収めました。この一冊で、受洗前、受洗後の両方の学びをカバーできます。