まったく0(ゼロ)からの信仰生活 > こんな方にぜひオススメです。

 
この本は、100ページで信仰生活の基本姿勢を理解しよう、という本です
   たった一度の人生だから後悔しないように生きたい、というのは、多くの人の共通の願いです。クリスチャンも同じでしょう。誰も、後悔するような信仰生活を歩みたくはありません。だからこそ、「いったいクリスチャンはどうやって生きていくの?」という基本を、しっかり理解する必要があります。
 この本は、100ページで信仰生活の基本姿勢を理解しよう、という本です。とてもシンプルに、ごく当たりまえのことを書いたつもりです。読み終えたとき、「クリスチャンとして生きるって、いいもんだなぁ」と思っていただけるように努めました。
   
まったく0(ゼロ)からでも、−(マイナス)からでも
   この本は、次のような方々のために書かれました。
  •  イエス・キリストを信じたばかりの方
  •  「まったく初めてのキリスト教」を読んだ方
  •  クリスチャンになりたいと思っている方
  •  クリスチャンになるもんかと思っている方
  •  クリスチャンをやめようと思っている方
  •  人生の歩みや進路などで迷っている方
  •  本当の生きがいを探し求めている方
  •  確信をもって信仰生活を送りたい方

 イエス・キリストが自分の救い主だ、と信じたけれど、これからどう生きてよいのかわからない方に、ぜひ読んでいただきたい本です。
 また、クリスチャンになると窮屈な生活を強いられそうで、どうもいやだ、と思っている方も、ぜひ読んでください。
   
初めての方だけではもったいない
   もちろん、すでに信仰生活を歩んでいるクリスチャンの方々にも読んでいただきたい、と願っています。
 ここまで信仰生活が守られてきたけれど、なんとなくマンネリ化が気になっている方、クリスチャンとは名ばかりの信仰生活に嫌気がさしている方、がんばりすぎて疲れ果ててしまった方、きっと解決の糸口が見つかるはずです。信仰生活の醍醐味を、存分に味わっていただけるもの、と確信しています。
 また、仲間の信仰生活を励ましたいけれど、何をどうやって励ましていいのかわからない、そんなクリスチャンや牧会者の悩みにも答えるように努めました。
   
個人でも、グループの学びでも
 

 個人で読むことはもちろん、グループの学びでも使っていただけるように配慮してあります。有効に用いていただければうれしく思います。
 各章は、ひとつの大きなテーマを扱い、4つのパートから構成されています。

ポイント解説  基本的なポイントを、できるだけ簡潔にまとめました。
聖書の人物から学ぶ  聖書中の人物の実際の歩みにふれ、ポイントの理解を深めてください。設問をもとにグループで話し合うことも有効です。
私の体験から  グループでは、お互いの体験を分かち合うとよいでしょう。
メッセージ  各テーマに関連したショートメッセージです。