まったく初めてのキリスト教 > こんな方にぜひオススメです。

 
この本は100ページでキリスト教の基本を理解しよう、という本です
   キリスト教関係の資料は、とにかく膨大な量があります。聖書だけでも、すでに2000ページですから、気が遠くなります。
 とはいえ、本当に知っておくべき事柄というのは、そんなに多くありません。ゴチャゴチャと多くのことを知っていても、「わかった」という実感がありません。要は、すっきりまとまった知識、ツボを押さえた理解が求められるわけです。
 この本は、100ページでキリスト教の基本を理解しよう、という本です。読み終えれば、キリスト教について、ある程度「わかった」と思っていただけるように努めました。
   
まったく初めての方にも、そうでない方にも
   この本は、次のような方々のために書かれました。
  •  キリスト教を知りたいと思っている方
  •  クリスチャンになりたいと思っている方
  •  最近教会に行きはじめた方
  •  家族や親しい友人がクリスチャンの方
  •  学校で聖書を学んでいる(学んだ)方
  •   讃美歌の本当の意味が知りたい方

 キリスト教に親しみを感じているけれど、くわしいことはよくわからない、という方のために、ぜひ知ってもらいたい基本的なことをまとめました。必要なエッセンスを凝縮したものですから、キリスト教のおいしいところを、十分に味わっていただけるもの、と確信しています。
   
初めての方だけではもったいない
   もちろん、すでに信仰をもって歩んでおられるクリスチャンの方々にも、読んでいただきたい、と願っています。
 誰にでも、信仰に迷いが生じたり、マンネリ化してきたと感じるときがあります。初心に帰る気持ちで読んでいただければ、凝縮された神の恵みを新たに感じとっていただくことができるでしょう。
 また、すばらしい福音を伝えたいけれども、何をどうやって伝えていいかわからない、そんなクリスチャンの悩みにも答えています。自分の信仰理解が整理されていくことで、いくらかの助けになれば幸いです。
   
個人でも、グループの学びでも
 

 個人で読むことはもちろん、グループの学びでも使っていただけるように配慮してあります。有効に用いていただければうれしく思います。
 各章は、ひとつの大きなテーマを扱い、4つのパートから構成されています。

ポイント解説  基本的なポイントを、できるだけ簡潔にまとめました。
確認のために  自分の言葉でポイントの理解を確認してください。この設問をもとにグループで話し合うことも有効です。
私の体験から  グループでは、お互いの体験を分かち合うとよいでしょう。
メッセージ  各テーマに関連したショートメッセージです。